第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問187

第103回薬剤師国家試験 問187

じん麻疹及び薬疹に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 じん麻疹は、主に血管透過性亢進により生じる。
2 じん麻疹の症状の1つに、血管性浮腫がある。
3 じん麻疹の多くは、そう痒感を伴わない。
4 中毒性表皮壊死症の早期に発熱はみられない。
5 Stevens−Johnson症候群の治療には、副腎皮質ステロイド薬の局所投与を行う。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
じん麻疹では、Ⅰ型アレルギーにより好塩基球、肥満細胞からヒスタミンが遊離され、血管拡張、血管透過性亢進により、そう痒感を伴う発赤が認められる。
2 正
じん麻疹の症状の1つに、皮膚や粘膜の深部を中心として浮腫が生じる血管浮腫がある。
3 誤
解説1参照
4 誤
中毒性表皮壊死症の早期には、発熱、眼の充血、唇のただれなどがみられる。
5 誤
Stevens−Johnson症候群の治療には、副腎皮質ステロイド薬の全身投与を行う。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.