第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問268〜269

第100回薬剤師国家試験 問268〜269

35歳女性。妊娠初期に妊娠糖尿病と診断され、食事療法を行っていたが血糖コントロールが不良となったため、薬物療法の開始が検討された。

問268 (実務)
この患者に用いる薬物として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 アカルボース
 ヒトインスリン(遺伝子組換え)
 シタグリプチンリン酸塩水和物
 ナテグリニド
 メトホルミン塩酸塩

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
妊娠中に血糖コントロールが不良となった場合には、経口血糖降下薬と投与せず、インスリンを投与する。


問269 (薬剤)
薬物の胎盤透過に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 一般に、分子量5,000以上の薬物も透過して胎児へ移行する。
 胎盤にはP−糖タンパク質が発現し、薬物の胎盤への移行を促進している。
 多くの薬物の胎盤透過は、pH分配仮説に従う。
 一般に、母体中の血漿タンパク質結合形薬物は、胎盤へ移行しない。
 一般に、水溶性の高い薬物ほど胎盤を透過しやすい。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
薬物の胎盤通過過程では、合胞体性栄養膜細胞(血液胎盤関門)を通過する必要がある。一般に、分子量1,000以上の薬物、水溶性の高い薬物は血液胎盤関門を透過しにくい。
2 誤
胎盤にはP−糖タンパク質が発現しており、薬物の胎盤への移行を制御している。
3 正
4 正
母体中の血漿タンパク質結合形薬物は分子量が大きいため、胎盤へ移行しない。
5 誤
解説1参照

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.