第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問266〜267

第100回薬剤師国家試験 問266〜267

65歳女性。老年内科を受診、骨粗しょう症と診断され、下記の処方が出された。

問266 (実務)
薬剤師が行う服薬指導の内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

 180 mL程度の十分な量の水と一緒に服用するよう指導した。
 噛んだり、口中で溶かしたりせずに服用するよう指導した。
 起床後、食事を摂ってから服用するよう指導した。
 服用を忘れた場合には、気がついたときにすぐ服用するよう指導した。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
本剤は副作用として、食道炎や食道潰瘍を起こすことがあるため、180 mL程度の十分な量の水で服用する必要がある。
2 正
本剤は水溶性フィルムコーティング錠であり、噛んだりなめたりすることで成分が溶け出すことがあるため、噛んだり、口中で溶解したりせずに服用する必要がある。
3 誤
本剤を水以外の飲料、食物、他の薬物と同時に服用すると、吸収が低下することがあるため、起床後すぐに服用し、服用後少なくとも30分は水以外の飲食を避ける必要がある。
4 誤
本剤の服用を忘れた場合は、翌日に1錠服用し、その後はあらかじめ定めた曜日に服用する。


問267 (薬剤)
この患者は、日常的に牛乳を飲用していることがわかった。リセドロン酸Na錠の牛乳による服用についての記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 牛乳中の油脂成分によりリセドロン酸の溶解が促進され、良好に吸収される。
 牛乳中の油脂成分により胃粘膜が保護されるので、服用後、すぐに横になって良い。
 リセドロン酸は、牛乳中のカルシウムイオンとキレートを形成するので、吸収が低下する。
 カルシウム補給のためにも、牛乳での服用が推奨されている。
 リセドロン酸は、牛乳中の成分とは特に相互作用しないので、水で服用した場合と比べて、吸収に違いは認められない。

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
リセドロン酸Naは、2価以上の金属イオン(Ca2、Mg2など)と不溶性のキレートを形成する。そのため、リセロドン酸Naを牛乳で服用すると、リセドロン酸は、牛乳中のカルシウムイオンとキレートを形成することにより吸収が低下することがある。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.