MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

H1受容体拮抗剤 アレルギー疾患治療剤 ビラスチン(ビラノア)

◉名称、化学構造

一般名:ビラスチン
商品名:ビラノア

◉分類

アレルギー疾患治療剤

◉効能・効果

  • アレルギー性鼻炎
  • 蕁麻疹
  • 皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒

◉薬理作用

本剤はヒスタミンH1受容体拮抗作用及び抗アレルギー作用を示す

◉使用する際の注意

【効能共通】
効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意する。

【アレルギー性鼻炎】
本剤を季節性の患者に投与する場合は、好発季節を考えて、その直前から投与を開始し、好発季節終了時まで続けることが望ましい。

◉体内動態

ビラスチンはP糖蛋白の基質である。

◉相互作用

薬物動態学的相互作用の要因

  • エリスロマイシン、ジルチアゼムは、P糖タンパク質を阻害することにより、本剤の吸収が増加する。

◉副作用

◉主な副作用

眠気、口渇、頭痛、発疹、かゆみ、血管性浮腫、多形紅斑など

◉重大な副作用[初期症状]

  • シュック、アナフィラキシー
    [顔面蒼白、呼吸困難、蕁麻疹]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次