第86回薬剤師国家試験 問30(改)

第86回薬剤師国家試験 問30(改) 液体クロマトグラフ法に関する記述のうち、正しいものはどれか。2つ選べ。 1 シリカゲルを固定相に用いる系では、溶質の保持を支配する主な要因は疎水結合である。 2 イオン交換体を固定相に用いる系では、主に移動相のpHと塩濃度が解離基をもつ溶質の保持を決定する。 3 C18充填剤(ODS)を固定相、アセトニトリルと水の混液(体積比=1:1)を移動相に用いる系では、フェノールはナフタレンよりも遅く溶離される。 4 三次元網目構造を有するサイズ排除型充填剤を固定相に用いる系では、充填剤の網目より大きい分子は小さい分子よりも一般に保持時間が短い。             解答 2、4 解説 1 誤 シリカゲルを固定相に用いる系では、溶質の保持を支配する主な要因は水素結合である。 2 正 イオン交換体を固定相に用いる系では、移動相のpH、塩濃度を変化させると溶質の保持力が変化する。 3 誤 C18充填剤(ODS)を固定相、アセトニトリルと水の混液(体積比=1:1)を移動相に用いる系では、脂溶性が高い方が保持されやすいため、フェノールはナフタレンよりも速く溶離される。 4 正 三次元網目構造を有するサイズ排除型充填剤を固定相に用いる系では、充填剤の網目より小さい分子は保持されやすく、大きい分子が保持されにくいことから、充填剤の網目より大きい分子は小さい分子よりも一般に保持時間が短い。 → Read More

第86回薬剤師国家試験 問29(改)

第86回薬剤師国家試験 問29(改) ガスクロマトグラフ法に関する記述について、正しいのはどれか。1つ選べ。 1 本法の移動相はキャリヤーガスとよばれ、窒素、水素、アルゴン、ヘリウムなどが使用される。 2 本法においては、移動相の種類によって試料成分の溶出の順序が変化する。 3 本法で用いられる充填剤は、吸着形、イオン交換形、分配形の3種類に大別される。 4 水素炎イオン化検出器は、C-N結合を有する有機化合物のみを検出する。 5 通例、定量は絶対検量線法によるが、被検成分以外の成分の影響が無視できない場合は内標準法による。             解答 1 解説 1 正 ガスクロマトグラフ法のキャリヤーガス(移動相)として、一般に窒素、水素、アルゴン、ヘリウムが用いられる。 2 誤 ガスクロマトグラフ法では、移動相の種類によって試料成分の溶出順序は変化しない。なお、移動相の種類によって溶出の順序が変化するのは、液体クロマトグラフィーである。 3 誤 ガスクロマトグラフ法で用いられる充填剤は、吸着形と分配形の2種類に大別される。 4 誤 水素炎イオン化検出器は、C-H結合を有する有機化合物のみを検出する。 5 誤 通例、定量は内標準法によるが、被検成分以外の成分の影響が無視できない場合は絶対検量線法による。 → Read More

第86回薬剤師国家試験 問26(改)

第86回薬剤師国家試験 問26(改) 紫外可視分光法に関する記述について、誤っているのはどれか。2つ選べ。 1 光源として、紫外部測定には重水素放電管、可視部測定にはタングステンランプ又はハロゲンタングステンランプを用いる。 2 波長領域にかかわらず、測定には石英製セルを使用しなければならない。 3 吸収スペクトルの縦軸(吸光度)は電子遷移が起こるエネルギーの大きさ、横軸(波長)はその遷移が起こる確率を示す。 4 吸収スペクトルが幅広い吸収帯となるのは、分子の電子エネルギー変化に加え、振動エネルギーと回転エネルギーの変化も反映されるからである。 5 光路長を1cm、濃度を1w/v%の溶液に換算したときの吸光度を比吸光度という。                 解答 2、3 解説 1 正しい 紫外可視分光法では、光源として、紫外部測定には重水素放電管、可視部測定にはタングステンランプ又はハロゲンタングステンランプを用いる。 2 誤っている 紫外部の測定には、石英製セルを使用する必要がある(ガラスは紫外線を吸収するため、紫外部の測定には、ガラスセルを用いることはできない)。 3 誤っている 吸収スペクトルの横軸(波長)は電子遷移が起こるエネルギーの大きさ、縦軸(吸光度)はその遷移が起こる確率を示す。 4 正しい 5 正しい 光路長を1cm、濃度を1w/v%の溶液に換算したときの吸光度を比吸光度という。なお、光路長を1cm、濃度を1mol/Lの溶液に換算したときの吸光度をモル吸光係数という。 → Read More