第86回薬剤師国家試験

no image

第86回薬剤師国家試験 問54(基礎薬学) 細胞骨格 

2023/1/17  

細胞骨格に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 チューブリンは、微小管を構成するタンパク質である。 アクチンは、筋肉細胞にのみ存在するタンパク質である。 微小管は、細胞内小器官の動きに関与す ...

no image

第86回薬剤師国家試験 問35(改)

2020/4/11  

第86回薬剤師国家試験 問35(改) 物理学的診断法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 超音波診断法では、ヒトの可聴域の上限を超える周波数をもつ音波が使用される。 2 MRI(Mag ...

no image

第86回薬剤師国家試験 問30(改)

2020/4/11  

第86回薬剤師国家試験 問30(改) 液体クロマトグラフ法に関する記述のうち、正しいものはどれか。2つ選べ。 1 シリカゲルを固定相に用いる系では、溶質の保持を支配する主な要因は疎水結合である。 2  ...

no image

第86回薬剤師国家試験 問29(改)

2020/4/11  

第86回薬剤師国家試験 問29(改) ガスクロマトグラフ法に関する記述について、正しいのはどれか。1つ選べ。 1 本法の移動相はキャリヤーガスとよばれ、窒素、水素、アルゴン、ヘリウムなどが使用される。 ...

no image

第86回薬剤師国家試験 問26(改)

2020/4/11  

第86回薬剤師国家試験 問26(改) 紫外可視分光法に関する記述について、誤っているのはどれか。2つ選べ。 1 光源として、紫外部測定には重水素放電管、可視部測定にはタングステンランプ又はハロゲンタン ...

第86回薬剤師国家試験 問171

2020/4/11  

第86回薬剤師国家試験 問171 下記の相図(融点図)に示すように、液体状態では完全に混和するが、固体状態では混ざり合わないA、B 2種の物質がある。A、Bの融点はそれぞれTa、Tbであり、また組成比 ...

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.