第101回薬剤師国家試験 問284〜285

第101回薬剤師国家試験 問284〜285 65歳男性。在宅で高カロリー輸液療法を実施することとなった。かかりつけ薬局の薬剤師が、高カロリー輸液の調製と安全使用に関する実地研修を受けるため、病院の薬剤部を訪れた。 問284 (実務) 高カロリー輸液を安全に調製、使用するために、病院薬剤師がかかりつけ薬局の薬剤師に行う指導として、適切なのはどれか。2つ選べ。 1 混合調製には、無菌室あるいはクリーンベンチを使用するのが望ましい。 2 コアリング防止のため、注射針はゴム栓の指定位置に斜めに刺す。 3 重篤なアシドーシスの発現を防止するため、ビタミンCを添加する。 4 高カロリー輸液用総合ビタミン剤は投与間際に混合し、輸液バッグ全体を遮光する。         問285 (薬剤) 糖・電解質水溶液からなる室とアミノ酸水溶液からなる室が、隔壁によって、2室に分けられた構造の高カロリー輸液剤(ダブルバッグ製剤)に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 通例、保存剤が添加されている。 2 バッグを両手で強く押すことにより、隔壁部を開通させる。 3 2室に分かれているため、混合するまでメイラード反応を回避できる。 4 脂肪乳剤を同時に投与する場合は、糖・電解質水溶液からなる室に混合する。 5 混合した製剤は、2時間以内に全量を投与する。         → Read More

第101回薬剤師国家試験 問276〜277

第101回薬剤師国家試験 問276〜277 50歳女性。2型糖尿病と診断され内服薬で治療を行っていたが、血糖コントロール不良のため、インスリン導入目的で入院となり、以下の薬剤をペン型注入器を用いて投与することとなった。 問276 (実務) 薬剤師が患者に指導する内容として、正しいのはどれか。2つ選べ。 1 十分に混和し、均一にしてから使用してください。 2 注射を忘れた場合は、次回2倍量を注射してください。 3 注入ボタンを押したら速やかに針を抜いてください。 4 腹部、大腿部、上腕部などの投与部位を決め、その中で注射場所を毎回変えてください。         問277 (薬剤) 下図は、今回処方された注射剤(ヒトイソフェンインスリン水性懸濁注射液)とインスリンヒト注射液を、それぞれヒトの皮下に投与した後のインスリン血中濃度推移を示している。処方された注射剤に該当する血中濃度推移と、この製剤の特徴に関する記述の組合せのうち、正しいのはどれか。1つ選べ。なお、処方された注射剤には、添加剤としてプロタミン硫酸塩が含まれている。             → Read More

第101回薬剤師国家試験 問264〜267

第101回薬剤師国家試験 問264〜267 57歳男性。胸部の激痛、呼吸困難、意識障害にて救急搬送された。心電図所見にて急性心筋梗塞と診断され、直ちにアルテプラーゼが投与された。容態は安定に向かっている。 問264 (実務) 初期治療として投与されたアルテプラーゼについて正しいのはどれか。2つ選べ。 1 生物由来製品である。 2 発症後24時間以内なら投与開始可能である。 3 皮下注射にて投与する。 4 血液凝固阻止作用を有する薬剤との併用が推奨される。 5 大手術後、日の浅い患者(14日以内)には禁忌である。         問265 (実務) 発症後24時間が経過した時点で心室性期外収縮が継続していたので、リドカインの投与が決定した。この症例に用いるリドカイン製剤として正しいのはどれか。1つ選べ。なお(   )内は投与部位を示す。 1 アドレナリン含有注射液製剤(硬膜外) 2 筋注用0.5%溶解液製剤(筋肉内) 3 静注用2%製剤(静脈内) 4 注射液2%製剤(硬膜外) 5 ビスカス2%製剤(経口)         問266 (薬剤) リドカインの代謝・消失に関する記述として正しいのはどれか。2つ選べ。 1 肝血流量が低下している患者では、リドカインの血中濃度は減少する。 2 リドカインは、肝初回通過効果を受けやすい。 3 リドカインの肝クリアランスは、血中タンパク結合率の変動の影響を受けにくい。 4 リドカインは主としてCYP2C9により代謝されるため、CYP2C9が欠損している患者では血中濃度が上昇する。           問267 (薬理) アルテプラーゼ、リドカインのいずれかに関する記述として正しいのはどれか。2つ選べ。 1 アドレナリンβ受容体を遮断し、異所性ペースメーカー活性を抑制する。 2 K+チャネルを遮断し、不応期を延長する。 3 心室筋のNa+チャネルを遮断するとともに、活動電位持続時間を短縮する。 4 プラスミノーゲンをプラスミンに変換し、血栓を溶解する。 5 フィブリノーゲンに対する親和性が高く、出血を起こしにくい。         → Read More