第106回薬剤師国家試験

106回薬剤師国家試験 問232〜233

106回薬剤師国家試験 問232〜233

5歳男児。身長105cm、体重21 kg。 4日前から下痢が続いており、腹痛を伴う血便が見られた。さらに顔色が悪く、排尿がないことに母親が気づき救急病院を受診した。母親に聴取したところ、7日前に家族で焼肉を食べに行き、両親及び兄も軽い下痢を呈していることが分かった。主治医は、血液検査結果をふまえ、 溶血性尿毒症症候群(HUS)と診断した。 
体温37.3℃、脈拍120/分、血圧125/70 mmHg、呼吸数 24/分。 
尿所見:蛋白(2+)、ケトン体(1+)、潜血(3+)。 

 

232(実務)
HUS の診断に至った血液検査値に関する記述のうち、誤っているのはどれか。 1選べ。 

  1. クレアチニン値が基準値より高い。
  2. LDH 値が基準値より高い。
  3. 血小板数が基準値より少ない。
  4. 間接ビリルビン値が基準値より低い。
  5. AST 値が基準値より高い。 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4 

解説
溶血性尿毒症症候群(HUS)では、溶血性貧血、血小板減少、急性腎不全、神経症状、消化管症状等が現れるとともに随伴症状として、中枢神経症状(意識障害、痙れん、頭痛、出血性梗塞)、消化器症状(下痢、血便、腹痛、腸狭窄、膵炎)、心臓(心筋障害による心不全)、播種性血管内凝固症候群が現れる。

1 正しい
急性腎障害によりクレアチニン値が上昇する。

2 正しい
赤血球破壊、心筋細胞の破壊などによりLDH値が上昇する。

3 正しい
血管内で微小血栓が生じるときに血小板が消費されるため、血小板が減少する。

4 誤っている
赤血球破壊により間接ビリルビン値は上昇する。

5 正しい
赤血球破壊によりASTは上昇する。

 

233(衛生)
この疾病及び病因物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。 

  1. 75℃、1分間以上の加熱で死滅する。
  2. ヒトからヒトへの感染は起こらない。
  3. この疾病の予防には、トキソイドワクチンの接種が推奨されている。
  4. 牛の肝臓には、この病因物質が存在する可能性があるため、生食用として販売・提供することは食品衛生法で禁止されている。
  5. 2015~2019年における病因物質別食中毒発生件数で最も多いのは、この病因物質によるものである。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
焼肉を食べに行き、家族も軽い下痢を呈していることから、腸管出血性大腸菌(EHEC)による食中毒が原因で、溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こしたと考えられる。

1 正
EHECは、75℃、 1分間以上の加熱で死滅する。

2 誤
感染者の糞便中に含まれるEHECを直接または間接的に経口摂取することで感染するため、ENECは、ヒトからヒトへの感染する。

3 誤
現在、HUSの原因となるベロ毒素に対するトキソイドは実用化されていない。

4 正
牛の肝臓には、EHECが存在することがあるため、生食用として販売・提供することは食品衛生法で禁止されている。 

5 誤
2015~2019年における病因物質別食中毒発生件数で最も多いのは、カンピロバクターによる食中毒である。

-第106回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.