第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問216〜217

第103回薬剤師国家試験 問216〜217

45歳女性。4年前、2型糖尿病と診断され、グリメピリド錠とボグリボース錠による薬物治療を開始した。最近の検査の結果より、主治医は以下の薬剤を追加した。患者はその処方箋を薬局に持参した。


問216 (物理・化学・生物)
追加されたイプラグリフロジンは、Na/グルコース共輸送体(SGLT)のうち、SGLT2の選択的阻害薬である。SGLT及びグルコース輸送体(GLUT)によるグルコース輸送に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 SGLT2は、主に消化管におけるグルコースの吸収に関与する。
2 細胞膜にあるGLUTによるグルコースの輸送は、グルコースの濃度勾配に従う。
3 SGLT2は、Naの濃度勾配を利用してグルコースを輸送する。
4 GLUTは、グルコース同様にマルトースを輸送する。
5 血液中のグルコースは、尿細管においてSGLT2によって原尿中に分泌される。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
SGLT2は、主に尿細管におけるグルコースの吸収に関与する。なお、主に消化管におけるグルコースの吸収に関与するのは、SGLT1である。
2 正
GLUTは、濃度勾配に従いグルコースを輸送する担体(促進拡散に関わる担体)である。
3 正
SGLT2は、Naの濃度勾配を駆動力として、尿細管のグルコースを再吸収する。
4 誤
GLUTは、二糖であるマルトースの輸送には関与しない。
5 誤

解説1参照


問217 (実務)
SGLT2選択的阻害薬の副作用として誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 低血糖
2 尿路感染症
3 脱水
4 血圧上昇
5 体重減少

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
解なし


解説
SGLT2選択的阻害薬は、尿中のグルコースの再吸収を阻害することにより、尿中のグルコース濃度を増加させる。それにより、副作用として、尿路感染症(尿中のグルコースが増えることにより尿路で細菌が繁殖しやすくなる)や脱水(尿中のグルコースが増えることにより尿細管の浸透圧が上昇し、尿量が増大する)を引き起こすことがある。また、低血糖および尿中のグルコースの再吸収低下に伴いエネルギー消費が増加し、体重減少が認められることがある。
SGLT2選択的阻害薬の中には、副作用として高血圧、血圧上昇が現れることがあるため、選択肢4については「正」「誤」どちらともいえない。よって、本問は「解なし」扱いとなった。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.