第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問334

第99回薬剤師国家試験 問334

下記の処方薬と併用すると、薬物相互作用により、吸収が低下するのはどれか。2つ選べ。
(処方)
ニザチジン錠150 mg 1回1錠(1日2錠)
1日2回 朝食後・就寝前 30日分

 ゲフィチニブ錠
 シンバスタチン錠
 イトラコナゾール錠
 レボチロキシンナトリウム錠
 ノルフロキサシン錠

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
ニザチジン錠と併用すると、薬物相互作用により、吸収が低下するのは、ゲフィチニブ錠とイトラコナゾール錠である。ゲフィチニブおよびイトラコナゾールは難溶解性の塩基性薬物であるため、胃内pHの上昇により溶解性が低下する。よって、ゲフィチニブ錠及びイトラコナゾール錠とH2受容体遮断薬(シメチジン、ニザチジンなど)を併用すると、ゲフィチニブとイトラコナゾールの吸収性が低下することがある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.