第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問185

第99回薬剤師国家試験 問185

腎機能が低下している患者において、腎機能を急激に悪化させる危険性が高い処置はどれか。2つ選べ。

 生理食塩水の点滴静脈注射
 アセトアミノフェン錠による鎮痛
 イオパミドール注射液を用いた胸部CT検査
 プラゾシン塩酸塩錠による降圧
 ゲンタマイシン硫酸塩注射液による感染症治療

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
選択肢のうち、腎機能が低下している患者において、腎機能を急激に悪化させる危険性の高いものは、「イオパミドール注射液を用いた胸部CT検査」「ゲンタマイシン硫酸塩注射液による感染症治療」である。
・イオパミドールは、重篤な腎障害患者には原則禁忌とされている。
理由:本剤の主たる消失経路が腎臓であり、腎機能低下患者では排泄遅延から急性腎不全等、症状が悪化することがある。
・ゲンタマイシンは、腎障害のある患者に慎重投与とされている。
理由:高い血中濃度が持続し、腎障害が悪化するおそれがある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.