第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問173

第99回薬剤師国家試験 問173

薬物Aの体内動態は線形1-コンパートメントモデルに従い、血中消失半減期は7時間、分布容積は20 Lである。この薬物10 mg を5時間ごとに操り返し経口投与したところ、定常状態における平均血中濃度は0.8 µg/mLとなった。薬物Aの経口投与後のバイオアベイラビリティとして、最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、ln2=0.693とする。

 0.1
 0.2
 0.4
 0.6
 0.8

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説

<バイオアベイラビリティを求める式をたてる>
繰り返し投与では、以下の式が成立する。
τ・Css=AUC
上記の式を変換すると、バイオアベイラビリティFを次のような式で表すことができる。

τ:投与間隔、Css:定常状態の平均血漿中濃度、X0:体内へ移行した未変化体総量、D:投与量、ke:消失速度定数、Vd:分布容積

<消失速度定数を求める>
消失速度定数keは以下の式より求めることができる。
ke=0.693/t1/2   t1/2:消失半減期

問題文に「血中消失半減期は7時間」とあることから、消失速度定数keを以下のように求めることができる。
ke=0.693/t1/2 =0.693/7≒0.1 hr1

これらのことから、バイオアベリラビリティFを以下のように求めることができる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.