第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問120

第99回薬剤師国家試験 問120

インフルエンザウイルスに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 インフルエンザウイルスは、遺伝子としてRNAをもち、レトロウイルス科に分類される。
 A型インフルエンザウイルスに含まれる赤血球凝集素(ヘマグルチニン)とノイラミニダーゼは、エンベロープに存在しスパイク構造物(突起)を構成する。
 赤血球凝集素は、増殖した子孫ウイルスが感染細胞から離脱を促進させる。
 ノイラミニダーゼは、ウイルスが宿主細胞に感染するときに、細胞表面の受容体認識及び結合に関わる。
 赤血球凝集素及びノイラミニダーゼには、それぞれ抗原性の異なる複数の種類が知られる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
インフルエンザウイルスは、遺伝子としてRNAをもち、オクソミクソウイルス科に分類される。
2 正
A型インフルエンザウイルスは、エンベロープ(ウイルス粒子を覆う膜状の構造)を有しており、そこには、赤血球凝集素(ヘマグルチニン、HA)とノイラミニダーゼ(NA)が存在し、それぞれスパイク構造物(突起)を構成している。
3 誤
増殖した子孫ウイルスの感染細胞からの離脱を促進するのは、ノイラミニダーゼ(NA)である。なお、赤血球凝集素は、ウイルスが宿主細胞に感染するときに、細胞表面の受容体認識及び結合に関わる。
4 誤
解説3参照
5 正
A型インフルエンザウイルスの表面には、抗原性の異なる赤血球凝集素が16種類、ノイラミニダーゼが9種類存在することが知られている。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.