第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問112

第99回薬剤師国家試験 問112

骨格筋、心筋及び平滑筋に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 骨格筋の収縮には、ムスカリン性アセチルコリン受容体が関与する。
 心筋細胞では、細胞外からのCa2流入は、細胞質のCa2濃度の上昇に関与しない。
 平滑筋は、細胞内cAMP濃度が上昇すると弛緩する。
 骨格筋、心筋及び平滑筋の収縮は、いずれも運動神経によって調節されている。
 クレアチンリン酸は、骨格筋においてATPの供給源となる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
骨格筋の収縮には、ニコチン性アセチルコリンNM受容体が関与する。
2 誤
心筋細胞では、細胞外からCa2流入は、細胞質のCa2濃度の上昇に関与する。なお、心筋の収縮は、筋小胞体から放出されたCa2および細胞外から流入したCa2の双方による細胞内Ca2濃度上昇により引き起される。
3 正
平滑筋細胞内のcAMP濃度が上昇すると、プロテインキナーゼAが活性化される。プロテインキナーゼAが活性化されると、ミオシン軽鎖キナーゼが不活化され、平滑筋は弛緩する。
4 誤
骨格筋の収縮は運動神経によって調節されており、心筋及び平滑筋の収縮は自律神経によって調節されている。
5 正
クレアチンリン酸は、高エネルギー化合物であり、骨格筋においてADPからATPを合成する際に利用され、ATPの供給源となる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.