第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問99

第98回薬剤師国家試験 問99

質量分析法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 マトリックス支援レーザー脱離イオン化(MALDI)法は、主にタンパク質のアミノ酸配列の決定に利用される。
 MALDI法は、一般に飛行時間型質量分析計(TOF—MS)と組合せて用いられる。
 液体クロマトグラフィー/質量分析法(LC/MS)のイオン化には、エレクトロスプレーイオン化(ESI)法がよく用いられる。
 ESI法では、試料分子は大気圧下でイオン化される。
 m/z値が1,000.0と1,000.1の2本のピークが明瞭に区別できる場合の分解能は10,000である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説

1 誤っている
マトリックス支援レーザー脱離イオン化(MALDI)法は、質量分析の際に行われるイオン化の方法であり、主にタンパク質の同定に利用されている。一般にタンパク質のアミノ酸配列の決定にはEdmann分解やタンデム質量分析(MS/MS)によって行われる。
2 正しい
MALDI法は、一般に飛行時間型質量分析計(TOF−MS)と組み合わせることにより、タンパク質などの質量分析に利用される。
3 正しい
液体クロマトグラフィー/質量分析法(LC/MS)は、液体クロマトグラフィーにより分離された試料を連続的に質量分析計へ導入する方法であり、試料のイオン化には、エレクトロスプレーイオン化(ESI)法がよく用いられる。
4 正しい
エレクトロスプレーイオン化(ESI)法では、試料分子を大気圧下でイオン化することができる。
5 正しい
分解能(R)は、隣り合った2本のピークが明瞭に区別できる場合の分離度を示すものであり、次式により求めることができる。

よって、m/z値が1,000.0と1,000.1の2本のピークが明瞭に区別できる場合の分解能を以下のように求めることができる。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.