第98回薬剤師国家試験 問66

子宮頸がんに関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 60歳代に発症のピークがある。
 ヘルペスウイルスが、発症の主な原因となる。
 予防には、ワクチンが有効である。
 組織学的には、腺がんの割合が多い。
 血清CEA(carcinoembryonic antigen)値が上昇する。

 

 

 


解説

1 誤
本疾患の発症のピークは、30〜40代に認められる。
2 誤
本疾患の主な原因は、ヘルペスウイルス(16、18型)である。
3 正
本疾患の予防法として、ワクチンが有効である。
4 誤
組織学的には、扁平上皮癌がんの割合が多く、腫瘍マーカーとして、血清SCC(squamous cell carcinoma antigen)値の上昇が認められる。
5 誤
解説4参照


解答

3

第98回 問66 PDF

第98回 問67

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問66

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問65 | yakugaku lab

コメントは停止中です。