第98回薬剤師国家試験 問226〜227

45歳の男性に対して、ブドウ糖を25%含む高カロリー輸液用基本液(1,400 mL)、アミノ酸を10%含む総合アミノ酸輸液(600 mL)、高カロリー輸液用微量元素製剤(2 mL)、総合ビタミン製剤(5 mL)、ダイズ油を20%含む脂肪乳剤(100 mL)が処方された。


問226 (衛生)
この処方における非タンパク質性カロリー(kcal)/窒素量(g)の値(NPC/N)はいくつか。Atwater係数を用いて計算し、最も近い値を1つ選べ。ただし、アミノ酸の窒素の含有量を16%、脂肪乳剤(100 mL)に含まれるダイズ油以外の成分(アミノ酸は含まれていない)のカロリーを20 kcalとする。

 130
 150
 170
 190
 210

 

 

 

 

 

 


解答
3


解説
<ブドウ糖によるカロリーを求める>
1400 mL×25 g/100 mL=350 g
350 g×4 kcal/g=1400 kcal
<脂質によるカロリーを求める>
・ダイズ油によるカロリー
100 mL×20 g/100 mL=20 g
20 g×9 kcal/g=180 kcal
・ダイズ油以外の成分のカロリー
20 kcal
<総窒素量を求める>
600 mL×10 g/100 mL×0.16=9.6 g
これらのことから、非タンパク質性カロリー(kcal)/窒素量(g)の値(NPC/N)を以下のように求めることができる。
NPC/N=(ブドウ糖によるカロリー+脂質によるカロリー)/窒素量=1600/9.6=166.6≒170 kcal/g


問227 (実務)
この処方の調剤及び使用に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

 微量元素製剤は、アミノ酸と配合変化を生じるため混合しない。
 脂肪乳剤は、他の薬剤とは混合しない。
 脂肪乳剤投与時は、インラインフィルターを使用しない。
 総合ビタミン製剤は水溶性ビタミンのみ含有するため、脂溶性ビタミンを別途投与する必要がある。

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
1 誤
微量元素製剤とアミノ酸を混合しても配合変化は生じないため、混合することが可能である。
2 正
脂肪乳剤は、他の製剤と混合すると脂肪乳剤の安定性が低下することがあるため、他の製剤とは混合しない。
3 正
脂肪乳剤を投与するにあたってフィルターを使用すると、目詰まりや乳剤の破壊などが生じるため、脂肪乳剤を投与する際には、フィルターを使用しない。
4 誤
総合ビタミン製剤には水溶性ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、C、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)だけでなく、脂溶性ビタミン(ビタミンA、E、D、K)も含まれているため、総合ビタミン剤に加え、別途脂溶性ビタミンを投与する必要はない。

第98回薬剤師国家試験 問226〜227” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。