第98回薬剤師国家試験 問185

膵がんとその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 大多数は、膵内分泌腺から発生する。
 黄疸を伴うことはない。
 血糖値の上昇を伴うことがある。
 化学療法として、ゲムシタビン塩酸塩が用いられる。
 遠隔転移がある場合でも、5年生存率は80%以上である。

 

 

 


解説

1 誤
膵がんのほとんどは、膵管がんであり、膵外分泌腺から発生する。
2 誤
膵がんは主な症状として、腹痛、黄疸、腰背部痛、体重減少を起こす。
3 正
膵がんでは、インスリン分泌機能の低下により血糖値の上昇を伴うことがある。
4 正
膵がんに対する化学療法として、ゲムシタビン塩酸塩やTS−1(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤)が用いられる。
5 誤
膵がんは早期発見が難しく、予後が極めて悪い。


解答

3、4

第98回 問185 PDF

第98回 問186

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問185

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問184 | yakugaku lab

コメントは停止中です。