第98回薬剤師国家試験 問154

中枢性及び末梢性筋弛緩薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ベクロニウムは、筋小胞体のリアノジン受容体を遮断する。
 ダントロレンは、骨格筋のニコチン性アセチルコリン受容体を遮断する。
 チザニジンは、アドレナリンα2受容体を刺激し、脊髄多シナプス反射を抑制する。
 スキサメトニウムは、血漿中のコリンエステラーゼにより加水分解を受けて活性体を生じる。
 A型ボツリヌス毒素は、運動神経終末からのアセチルコリン遊離を抑制する。

 

 

 


解説

1 誤
ベクロニウムは、骨格筋のニコチンNM受容体を競合的に遮断する。
2 誤
ダントロレンは、筋小胞体のリアノジン受容体を遮断する。
3 正
チザニジンは、アドレナリンα2受容体を刺激し、脊髄多シナプス反射を抑制し、筋弛緩作用を示す。
4 誤
スキサメトニウムは、血漿中のコリンエステラーゼにより加水分解され不活性化される。
5 正
A型ボツリヌス毒素は、運動神経終末からのアセチルコリン遊離を抑制し、筋弛緩作用を示す。


解答

3、5

第98回 問154 PDF

第98回 問155

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問154

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問153 | yakugaku lab

コメントは停止中です。