第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問131

第98回薬剤師国家試験 問131

代謝活性化に抱合反応が関与するのはどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
アフラトキシンB1の構造である。アフラトキシンB1はシトクロムP450によってエポキシ化され、代謝活性化される。
2 誤
塩化ビニルの構造である。塩化ビニルはシトクロムP450によってエポキシ化され、代謝活性化される。
3 正
2−アセチルアミノフルオレンの構造である。2−アセチルアミノフルオレンはシトクロムP450によってN−水酸化反応を受けヒドロキシルアミン誘導体となり、その後、硫酸抱合を受け、ニトレニウムイオンやカルボニウムイオンとなる。
4 正
4−ニトロキノリン1−オキシドの構造である。4−ニトロキノリン1−オキシドは体内で還元された後、アシル抱合を受け、4−ヒドロキシアシルアミノキノリン1−オキシドとなる。
5 誤
ベンゾ[a]ピレンの構造である。ベンゾ[a]ピレンはシトクロムP450によるエポキシ化及びエポキシドヒドロラーゼによる加水分解を受け、代謝活性化される。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.