第98回薬剤師国家試験 問117

遺伝子工学に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ヒトの皮膚より作製したcDNAライブラリーには、ヒトゲノムDNA配列のほとんどすべてが含まれる。
 制限酵素は、特定のDNA塩基配列を認識し切断するエキソヌクレアーゼである。
 ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)により、標的とするDNA領域を少量の試料から短時間で増幅することができる。
 DNAの塩基配列決定法には、ジデオキシリボヌクレオチドを用いる方法がある。
 ヒトの糖タンパク質をコードする遺伝子を大腸菌で発現させると、ヒトと同一のアミノ酸配列及び糖鎖を有する糖タンパク質が合成される。

 

 

 


解説

1 誤
cDNAライブラリーを構成しているcDNAはmRNAを鋳型として作製したDNAであるためイントロン配列等が含まれていない。よって、ヒトの皮膚より作製したcDNAライブラリーに、ヒトゲノムDNA配列のほとんどすべてが含まれるわけではない。
2 誤
制限酵素は、特定のDNA塩基配列を認識し切断するエンドヌクレアーゼである。
3 正
ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、DNAポリメラーゼを用いたDNA増幅反応であり、標的とするDNA領域を少量の試料から短時間で増幅することが可能である。
4 正
ジデオキシリボヌクレオチドを用いてDNAの塩基配列決定する方法をジデオキシ法(Sanger法)という。ジデオキシ法は、DNA合成反応の途中でジデオキシリボヌクレオチドが取り込まれ、DNA合成の伸長反応が特定の位置でランダムに停止することを利用した塩基配列の決定方法である。
5 誤
大腸菌などの原核生物では、翻訳後修飾に関わる細胞内小器官が存在せず、糖鎖付加やリン酸化などのタンパク質の修飾が起こらないため、ヒトと同一のアミノ酸配列及び糖鎖を有する糖タンパクを合成することはできない。


解答

3、4

第98回 問117 PDF

第98回 問118

1 thought on “第98回薬剤師国家試験 問117

  1. ピンバック: 第98回薬剤師国家試験 問116 | yakugaku lab

コメントは停止中です。