第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問272〜273

第97回薬剤師国家試験 問272〜273

50歳男性。てんかん治療のため以下の処方に従い服薬を続けている。定常状態時の血清中フェニトイン濃度を測定したところ12 µg/mLであり、てんかん発作は安定している。

問272 (実務)
この治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 過量投与により、眼振、構音障害、運動失調、眼筋麻痺などの症状が出現することがあるので十分観察する。
 フェニトインの薬理作用は、血清タンパク質と結合していない遊離形濃度ではなく、総血清中濃度と関連する。
 定期的に肝・腎機能検査、血液検査を行うことが望ましい。
 用量を増加させると、腎尿細管分泌が飽和するため、用量と血清中濃度の関係は非線形となる。

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
1 正
フェニトインの過量投与により、眼振、構音障害、運動失調、眼前麻庫などの症状が出現することがある。このような症状が現れた場合には、血中濃度を測定し、投与量を再検討する必要がある。
2 誤
フェニトインの薬理作用は、総血清中濃度ではなく、血清タンパク質と結合していない遊離形薬物濃度と関連する。
3 正
フェニトイン投与中は、副作用を防止するために、定期的に肝・腎機能、血液検査を行うことが望ましい。
4 誤
フェニトインは、肝代謝が生じやすい薬物である。フェニトインの用量を増加させると、肝代謝の飽和が生じるため、用量と血清中濃度の関係は非線形となる。


問273 (薬剤)
定常状態におけるフェニトインの体内からの消失速度はMichaelis−Menten式で表される。この患者における最大消失速度(mg/day)に最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、Michaelis定数を8 mg/L、バイオアベイラビリティを100%とする。

 150
 240
 420
 1,500
 2,400
 4,200

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.