第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問220〜221

第97回薬剤師国家試験 問220〜221

糖代謝に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 血液中のD—グルコースは、脳の活動にとって必須の物質である。
 筋肉で生成した乳酸は、肝臓に運ばれてD—グルコースへと変換される。
 グリコーゲンは、UDP−グルコースを基質とし、グリコーゲンシンターゼの作用により合成される。
 筋肉では、グリコーゲンが分解され、血液中にD—グルコースが放出される。
 アドレナリン(エピネフリン)により、肝臓から血液中へのD—グルコースの放出が促進される。

 

 

 

 

解答・解説

解答
4 


解説
1 正しい
通常、脳はエネルギー源として、D—グルコースしか用いることはできない。よって、D—グルコースは、脳のエネルギー源として必須の物質である。
2 正しい
筋肉内で生成した乳酸は、血液を介して肝臓に運ばれてグルコース−6−ホスファターゼによりD—グルコースに変換され、再び筋肉に運ばれエネルギー源として利用される。
3 正しい
グリコーゲンは、動物の貯蔵多糖であり、余剰のグルコースがグルコース−6−リン酸、グルコース−1−リン酸を経て、UDP−グルコースに活性化されて、グリコーゲンシンターゼが働くことで合成される。
4 誤っている
筋肉では、グルコース−6−ホスファターゼが存在しないため、グリコーゲンをD−グルコースに変換することはできない。なお、肝臓や腎臓では、グルコース−6−ホスファターゼが存在するため、グリコーゲンをD—グルコースに変換することが可能である。
5 正しい
アドレナリンは、肝臓のβ2受容体を刺激し、グリコーゲンホスホリラーゼを活性化する。それにより、グリコーゲンからD−グルコースの生成が促進する。


問221 (実務)
高血糖の患者の症状を悪化させる可能性のある薬物はどれか。2つ選べ。

 メトトレキサート
 クエチアピンフマル酸塩
 プレドニゾロン
 ランソプラゾール
 ビルダグリプチン

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
高血糖の患者の症状を悪化させる可能性のある薬物は、クエチアピンフマル酸塩及びプレドニゾロンである。なお、クエチアピンフマル酸塩については、重篤な副作用として、高血糖症状に加え、低血糖症状も現れることがあるため、注意が必要である。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.