第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問194〜195

第97回薬剤師国家試験 問194〜195

65歳男性。20歳の頃より1日20〜40本の喫煙歴があり、現在は1日20本喫煙している。また、前立腺肥大症による排尿障害のため、泌尿器科で治療を受けている。数年前より咳を自覚していたが、最近歩行時の息切れ及び膿性喀痰が出現するようになり、来院した。
【身体所見】
血圧130/74 mmHg 、脈拍90/分 整(初診時)
呼吸音域弱、連続性ラ音が聴取された。
【検査所見】
胸部X線:肺野の透過性の亢進、横隔膜低位、滴状の心陰影が認められた。
胸部CT検査:肺内に広範な低吸収域が存在した。
呼吸機能検査:1秒率45%
血液検査:尿素窒素20 mg/dL、尿酸9.0 mg/dL、クレアチニン0.9 mg/dL

問194
この患者に用いるべき薬物として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 テオフィリン
 サルメテロールキシナホ酸塩
 ケトチフェンフマル酸塩
4 チオトロピウム臭化物水和物

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
本患者は、40年以上の喫煙歴があり、自覚症状として歩行時の息切れが出現していることに加え、呼吸機能検査の結果、1秒率が45%であることから、慢性閉鎖性肺疾患(COPD)に罹患していることが推測される。上記のことより、本患者に対してはCOPD治療薬を投与すべきである。選択肢のうち、COPDの治療に用いられる薬物は、テオフィリン、サルメテロールキシナホ酸塩、チオトロピウム臭化物水和物である。この中でも、チオトロピウム臭化物水和物は抗コリン作用を有するため、前立腺肥大症の患者には禁忌である。これらのことより、この患者に用いるべき薬物は、テオフィリンとサルメテロールである。


問195
この患者は薬物治療により症状が改善していたが、尿酸値が依然として高値であるため、医師により薬が処方された。1週間後、患者は頭痛、悪心、嘔吐を繰り返し、時々痙れんも見られたため、問194で使用した薬物との相互作用が疑われた。
次のうち、相互作用を起こしたと考えられる処方薬はどれか。1つ選べ。

 プロベネシド
 コルヒチン
 ブコローム
 ベンズブロマロン
 アロプリノール

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
本患者に現れた症状より、テオフィリンの中毒症状が現れていると考えられる。選択肢のうち、テオフィリンと相互作用を起こす薬物は、アロプリノールである。アロプリノールは、テオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼを阻害し、テオフィリンの血中濃度を上昇させる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.