第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問193

第97回薬剤師国家試験 問193

パーキンソン病とその治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 10歳代に発症のピークがある。
 進行すると認知機能が低下することがある。
 アミロイドβタンパク質が病因となる。
 病理学的には、レビー小体の出現が認められる。
 ドパミン受容体遮断薬は早期の症状を改善する。

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
パーキンソン病は、加齢とともに有病率が上昇し、50〜60歳で発症のピークがみられる。
2 正
パーキンソン病の主な症状は、振戦、筋固縮、無動などの運動障害であり、進行するとうつ傾向や認知機能低下が認められることがある。
3 誤
バーキンソン病の主な病因は、黒質線条体系ドパミンニューロンの変性である。なお、アミロイドβタンパク質が病因となるのは、アルツハイマー型認知症である。
4 正
パーキンソン病では、病理学的にレビー小体の出現が認められる。
5 誤
パーキンソン病の治療には、ドパミンD2受容体刺激薬やレボドパ製剤が用いられるが、ドパミン受容体遮断薬は用いられない。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.