第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問174

第97回薬剤師国家試験 問174

薬物の溶解及び製剤からの放出に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ヒグチ(Higuchi)の式において、放出される薬物の累積量は時間の平方根に比例する。
 ヒクソン-クロウェル(Hixson-Crowell)の式は、粒度分布を持つ粉体の溶解現象を表す式である。
 固体分散体中の薬物は、その薬物結晶に比べて溶解速度が小さい。
 安定形の結晶は、準安定形の結晶に比べて溶解速度が大きい。
 無水物は、水和物に比べて水中での溶解速度が大きい。

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
ヒグチ(Higuchi)式は、マトリックス製剤において成立する式であり、以下の式で表される。
Q=[D・(2A-Cs)]・Cs・t1/2
Q:累積薬物放出量、D:マトリックス中の薬物の拡散係数、A:マトリックス中の全薬物量
Cs:マトリックス中の薬物の溶解度、t:時間
上記の式より、放出される薬物の累積量は時間の平方根と比例する。
2 誤
ヒクソン-クロウェル(Hixson-Crowell)の式は、シンク条件下、同一粒子径の球形粒子であると仮定した場合に成立する式であり、粒度分布を持つ粉体の溶解現象を表す式ではない。
3 誤
固体分散体とは、薬物を水溶性高分子に分散させたものであり、固体分散体中の薬物は、その薬物結晶に比べて溶解速度は大きい。
4 誤
安定形の結晶は、準安定形の結晶に比べて、溶解度が小さいため、溶解速度も小さくなる。
5 正
無水物は、水和物に比べて、溶解度が大きいため、溶解速度も大きくなる。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.