第97回薬剤師国家試験

第97回薬剤師国家試験 問160

第97回薬剤師国家試験 問160

糖尿病治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 グリベンクラミドは、スルホニル尿素受容体と結合し、膵臓β細胞からのインスリン分泌を促進する。
 メトホルミンは、ATP感受性Kチャネルを活性化し、肝臓での糖新生を抑制する。
 ピオグリタゾンは、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ(PPARγ)を刺激し、アディポネクチンの発現を抑制する。
 アカルボースは、多糖類の分解を可逆的に阻害し、腸管からの糖の吸収を遅延させる。
 ナテグリニドは、高血糖状態で増加する細胞内ソルビトールの蓄積を抑制し、末梢神経障害を改善する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
グリベンクラミドは、スルホニル尿素(SU)薬であり、スルホニル尿素受容体と結合し、ATP感受性Kチャネルを遮断することで、膵臓β細胞からのインスリン分泌を促進する。
2 誤
メトホルミンは、ビグアナイド系薬であり、AMP依存性プロテインキナーゼを活性化し、肝臓での糖新生抑制や末梢での糖の利用を促進することで、血糖降下作用を示す。
3 誤
ピオグリタゾンは、ペルオキシソーム増殖剤応答性受容体γ(PPARγ)を刺激し、アディポネクチンの発現を促進し、TNF−α産生を低下させることで、インスリン抵抗性を改善する。
4 正
アカルボースは、α−グルコシダーゼ、α−アミラーゼを阻害し、多糖類の分解を可逆的に阻害することで、腸管からの糖の吸収を遅延させる。
5 誤
ナテグリニドは、速効型インスリン分泌促進薬であり、SU構造を有しないが、SU剤と同様の機序により、膵臓β細胞からのインスリン分泌を促進する。

-第97回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.