MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問222〜223 

65歳女性。高血圧症、骨粗しょう症、慢性便秘症及び脂質異常症の治療でかかりつけ薬局を利用し、処方1及び処方2の薬剤を2年間服用している。さらに、脂質異常症については食事療法の効果が不十分で、処方3を2ヶ月前に開始した。

昨夜から全身の筋肉痛が生じているため、一般用医薬品の痛み止めを求めて来局した。昨日は、日課としている約2kmの散歩しかしておらず、普段はその程度の運動で筋肉痛は起こらないと言う。 また、胃が弱いので内服ではなく、テレビコマーシャルで見たロキソプロフェン含有テープ剤の購入を希望している。

問222(実務)
かかりつけ薬剤師のこの患者への対応として適切なのはどれか。2選べ。

  1. 処方3の薬剤の服用継続を指導する。
  2. 最近の尿の色を確認する。
  3. 体のだるさの有無を確認する。
  4. ロキソプロフェン含有テープ剤を使用して様子をみるように勧める。
  5. 補中益気湯の服用を勧める。
解答・解説

解答
23

解説
本症例では、2ヶ月前からフェノフィブラートの服用し始めており、また、普段の運動では認められない筋肉痛が現れていることから、副作用である横紋筋融解症を生じている可能性がある。フェノフィブラートによる横紋筋融解症が疑われる場合、かかりつけ薬剤師は、全身倦怠感の有無、尿の色調変化を確認するとともに受診勧奨する必要がある。

問223(物理・化学・生物)
この患者の筋肉の状態を知るために血液検査をする場合、注目すべき生体成分はどれか。2選べ。

  1. クレアチンキナーゼ
  2. ビリルビン
  3. 乳酸デヒドロゲナーゼ
  4. ヘモグロビン
  5. 尿酸
解答・解説

解答
13

解説
筋肉の状態を確認するために注目すべき生体成分として、クレアチンキナーゼ、乳酸デヒドロゲナーゼ、ミオグロビンがある。クレアチンキナーゼは、転移酵素の1つで、筋肉に多く含まれている。乳酸デヒドロゲナーゼは、ピルビン酸と乳酸との相互変換を触媒する酵素であり、多くの組織に存在している。ミオグロビンは、酸素を筋組織中で運搬・貯蔵するタンパク質であり、筋肉に多く含まれている。これらのことから、筋組織が障害されると、クレアチンキナーゼ、乳酸デヒドロゲナーゼ、ミオグロビンが細胞外に逸脱して血中に流入し、さらに尿中に排泄される。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次