MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問163 肝疾患、膵疾患及び胆道疾患の治療に用いられる薬物

肝疾患、膵疾患及び胆道疾患の治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. フロプロピオンは、カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)を阻害してノルアドレナリンの代謝を抑制することで、Oddi.括約筋を弛緩させる。
  2. ウルソデオキシコール酸は、胆汁酸の増加を伴わずに胆石表面のコレステロールをミセル化することで、コレステロール胆石を溶解する。
  3. カモスタットは、膵外分泌を促進して膵機能を活性化することで、慢性膵炎を改善する。
  4. テノホビルは、NS5A複製複合体を阻害することで、B型肝炎ウイルス(HBV)の複製を抑制する。
  5. ソホスブビルは、NS5BRNA依存性RNAポリメラーゼを阻害することで、C型肝炎ウイルス (HCV)の複製を抑制する。
解答・解説

解答
15

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次