MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問162 胃・十二指腸潰瘍の治療に用いられる薬物

胃・十二指腸潰瘍の治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. スクラルファートは、胃潰瘍部位に結合することで、ペプシンによる自己消化から粘膜組織を保護する。
  2. ラニチジンは、胃の壁細胞に存在するヒスタミンH2受容体を遮断することで、プロトンポンプの活性化を抑制する。
  3. ランソプラゾールは、Kに競合してプロトンポンプを阻害することで、胃酸分泌を抑制する。
  4. ミソプロストールは、プロスタグランジン合成酵素を活性化することで、胃粘膜のプロスタグランジンを増加させる。
  5. オキセサゼインは、ガストリン受容体を遮断することで、胃酸分泌を抑制する。
解答・解説

解答
12

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次