MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問160 高血圧症に用いられる薬物

高血圧症に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. メチルドパは、延髄の血管運動中枢及び交感神経終末のアドレナリンα2受容体を遮断することで、交感神経活動を抑制する。
  2. ラベタロールは、アドレナリンα1受容体及びβ1受容体を遮断することで、血圧を低下させる。
  3. テルミサルタンは、傍糸球体細胞のアンジオテンシンⅡAT1受容体を遮断することで、レニン分泌を抑制する。
  4. リシノプリルは、アンジオテンシンⅡの生成を抑制し、副腎皮質からのアルドステロン分泌を低下させるため、低カリウム血症を引き起こしやすい。
  5. ジルチアゼムは、心臓の電位依存性L型Ca2+チャネルを遮断するため、房室ブロックを誘発しやすい。
解答・解説

解答
25

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次