MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問156 花粉症の治療

花粉症の治療に用いられる薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. レボセチリジンは、知覚神経のヒスタミンH受容体を遮断し、くしゃみを抑制する。
  2. クロモグリク酸は、ロイコトリエンCysLT1受容体を遮断し、眼のかゆみを軽減する。
  3. ラマトロバンは、プロスタノイドTP受容体及びプロスタノイドDP2受容体(CRTH2受容体)を遮断し、鼻粘膜の炎症を軽減する。
  4. ナファゾリンは、鼻粘膜のアドレナリンα受容体を遮断することで血管平滑筋を弛緩させ、鼻閉を軽減する。
  5. トラニラストは、ヤヌスキナーゼ(JAK)を阻害することで炎症細胞の活性化を抑制し、結膜の充血を軽減する。
解答・解説

解答
13

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次