MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

第109回薬剤師国家試験 問151 濃度-反応曲線

グラフは、回腸平滑筋の収縮に対する薬物ACの濃度反応曲線を示す。各薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、薬物A〜Cは同一受容体結合部位にのみ作用し、余剰受容体及び内因性アゴニストの存在は考えないものとする。

  1. 薬物A及び薬物Bの内活性は、ともに100である。
  2. 薬物AのpD2値は、約7である。
  3. 薬物Bの効力は、薬物Aの効力より高い。
  4. 10-4mol/Lの薬物Bにより生じる反応は、10-3mol/Lの薬物Cの併用により減少する。
  5. 薬物CのEC50値は、10-4mol/Lである。
解答・解説

解答
24

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次