第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問62

依存性の最も少ない薬物はどれか。1つ選べ。

  1. ペンタゾシン
  2. メチルフェニデート
  3. グアンファシン
  4. メタンフェタミン
  5. ペモリン

 

 

 

 

解答・解説

解答

解説
1 誤
ペンタゾシンは、麻薬拮抗性鎮痛薬であり、中枢抑制作用を示すため、精神的依存と身体的依存を生じることがある。

2 誤
メチルフェニデートは、注意欠陥/多動性障害、ナルコレプシーに用いられる薬であり、中枢興奮作用を示すため、精神的依存を生じることがある。

3 正
グアンファシンは、注意欠陥/多動性障害に用いられる非中枢刺激薬であり、薬物依存が少ない薬である。

4 誤
メタンフェタミンは、覚醒剤であり、中枢興奮作用を示すため、精神的依存を生じることがある。

5 誤
ペモリンは、ナルコレプシー、うつ病に用いられる薬であり、長期投与により薬物依存を生じることがある。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.