第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問286〜287

68 歳女性。54 歳の頃、精神科でうつ病と診断され2年間ほどセルトラリン塩酸塩錠を服用し、回復した。10年前(58歳時)に内科でパーキンソン病と診断され、レボドパ 250 mg・カルビドパ配合錠(1日5錠、朝2錠、昼1錠、夕2錠)で治療を開始した。3年前(65歳時)から薬の作用時間が短縮し、服用後時間が経つと安静時振戦や運動緩慢など症状の悪化が見られた。舌突出・異常運動、じっとしていられないなどの症状は出現していなかった。服用回数を5回に分割したところ症状は落ち着いた。

問 286(病態・薬物治療)
服用回数を分割する前に、患者に出現していた症状はどれか。1つ選べ。

  1. アカシジア
  2. 急性ジストニア
  3. 遅発性ジスキネジア
  4. on-off 現象
  5. wearing-off現象

 

 

 

解答・解説

解答

解説
問題文に「薬(レボドパ)の作用時間が短縮し、服用後時間が経つと安静時振戦や運動緩慢など症状の悪化が見られた」と記載されていることから、wearing-off現象が生じていると考えられる。

1 誤
アカシジアは、座ってじっとしていられないなどの症状が現れる。

2 誤
急性ジストニアは、筋収縮、強直などの症状が現れる。

3 誤
遅発性ジスキネジアは、口の周囲、四肢、体幹に不規則で多様な不随意運動が現れる。

4 誤
on-off 現象は、レボドパ製剤の長期服用に伴い、レボドパの血中濃度とは無関係に症状が良くなったり悪くなったりする現象のことである。

5 正

問 287(実務)
この患者は、その後、薬を頻回に内服することを考えると気分がすぐれなくなり、うつ病が再発したため、2年前(66歳時)から精神科でセルトラリン塩酸塩錠の服用を再開した。2ヶ月ほど前から、3年前(65歳時)のような症状が起こるようになったと、内科の主治医に相談があった。主治医は、新しく薬物を追加することを検討している。現在の処方は以下のとおりである。

この患者に追加する薬物として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

  1. セレギリン
  2. ロピニロール
  3. イストラデフィリン
  4. エンタカポン
  5. ゾニサミド

 

 

解答・解説

解答

解説
セレギリンは、MAOB阻害作用を有するため、選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるセルトラリンと併用すると、セロトニンの濃度が上昇し、セロトニン症候群を起こすことがあるため、両剤は併用禁忌である。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.