第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問254〜255

45歳男性。体重 45 kg。10年前に全結腸型潰瘍性大腸炎と診断され、寛解・再燃を繰り返した後、メサラジン 1,500 mg/日、アザチオプリン 50 mg/日で寛解維持されていた。2ヶ月前より大腸炎が再燃し、上の処方で効果不十分であったため、以下の処方にて寛解導入することになった。

問254(実務)
薬剤師のこの患者への説明として、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 処方1の薬剤は血中濃度を測定しながら服用カプセル数を調節します。
  2. 処方1の薬剤は腎障害が起こりやすいので、尿量の減少などがあれば薬剤師に相談してください。
  3. 処方1の薬剤は低血糖になりやすいので、異常な空腹感や冷や汗、動悸があるときはすぐに糖分を摂取してください。
  4. 処方2の薬剤は今回のみの使用で終了します。
  5. 処方2の薬剤の使用直後に、まれにふらつきや息苦しさを感じることがありますが、しばらく安静にすると自然に治まります。

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
処方1(タクロリムス)はTDM対象薬剤であるため、血中濃度を測定しながら服用量を決定する。

2 正
処方1は、副作用として腎障害を起こしやすいため、腎障害により現れる症状(尿量の減少など)が認められた場合には、薬剤師に相談するように説明する。

3 誤
処方1により高血糖になることがあるため、頻回に臨床検査(血液検査、空腹時血糖、アミラーゼ尿糖など)を行うなど患者の状態を十分に観察する必要がある。

4 誤
処方2(アダリムマブ)は、潰瘍性大腸炎に対して、通常、アダリムマブ(遺伝子組換え)として初回に160mgを、初回投与2週間後に80mgを皮下注射する。初回投与4週間後以降は、40mgを2週間に1回、皮下注射する。

5 誤
処方2の薬剤の使用直後に、ふらつきや息苦しさが現れた場合には、過敏反応の可能性があり、時間の経過とともに症状が悪化することがある。

問 255(薬理)
処方1及び2のいずれかの薬物に期待される効果の機序はどれか。2つ選べ。

  1. TNF-αに結合して、TNF-αとその受容体の結合を阻害する。
  2. ヤヌスキナーゼ(JAK)を阻害して、サイトカイン受容体を介した細胞内情報伝達を抑制する。
  3. ロイコトリエンの産生を阻害して、白血球の組織への浸潤を抑制する。
  4. プリン塩基の合成を阻害して、リンパ球の増殖を抑制する。
  5. カルシニューリンを阻害して、T細胞におけるIL-2などのサイトカイン産生を抑制する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
●タクロリムス
イムノフィリンのFKBPに結合し、カルシニューリンを阻害して、T細胞におけるIL-2などのサイトカイン産生を抑制する。

●アダリムマブ
抗TNF-α製剤であり、選択的にTNF−αと結合し、TNF−αとその受容体の結合を阻害する。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.