第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問252〜253

62歳男性。3年前、階段を昇る時に息切れを感じるようになり受診したところ、左室肥大と肺うっ血を認め、慢性心不全と診断された。処方1〜処方3で治療されていたが、慢性心不全の増悪により入院した。その後、処方4を追加して病態が安定したため、退院することになった。現在の検査値等は以下のとおりである。

(検査値)
血圧 120/82 mmHg、心拍数 84拍/分、AST 24 IU/L、ALT 16 IU/L、
BUN 18 mg/dL、血清クレアチニン値 0.9mg/dL、Na 145 mEq/L、
K 2.9 mEq/L、CI 102 mEq/L、血清 BNP 410 pg/mL、左室駆出率 EF 33%

問252(実務)
この患者に対する副作用モニタリングとして、適切なのはどれか。2つ選べ。

  1. 腎機能検査値は基準値内と判断する。
  2. 血清電解質(Na、K、CI)値は、いずれも基準値内と判断する。
  3. 徐脈と判断する。
  4. 今後、処方3の薬剤による血清ナトリウム値の上昇に注意する。
  5. 今後、処方1や処方4の薬剤により血清カリウム値が上昇しすぎないか注意する。

問 253(薬理)
この患者に追加された処方4の薬物の作用として、適切なのはどれか。1つ選べ。

  1. 心臓のアドレナリン β受容体を遮断して、BNP値を低下させる。
  2. アンジオテンシン変換酵素を阻害して、心筋の線維化を抑制する。
  3. 心筋に直接作用して心収縮力を高めて、左室駆出率を改善する。
  4. ヘンレ係蹄上行脚において Naと CIの再吸収を抑制して、むくみを改善する。
  5. 遠位尿細管及び集合管においてアルドステロン受容体を遮断して、尿中への Kの排泄を抑制する。

 

解答・解説

問252
解答
1、5

解説
1 正
腎機能検査値であるBUN(基準値:8〜20 mg/dL)および血清クレアチニン値(基準値:0.6〜1.0 mg/dL)は基準値範囲内である。

2 誤
Na(基準値:135〜148 mEq/L)、CI(基準値:98〜108 mEq/L)は基準値範囲内であるが、K(基準値:3.5〜4.9 mEq/L)は低値である。

3 誤
心拍数50未満を徐脈とするため、本患者(心拍数:84)は徐脈ではない。

4 誤
処方3(フロセミド)は、ヘンレ係蹄上行脚の管腔側からNa–K–2Cl共輸送系を抑制するため、低ナトリウム血症を誘発することがある。

5 正
処方1(エナラプリル)、処方4(エプレレノン)は、アルドステロンの作用を抑制するため、血清カリウム値を上昇させる可能性がある。

問253
解答

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.