第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問192

漢方薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 大建中湯は、不眠症に使用される。
  2. 五苓散は、浮腫に使用される。
  3. 小青竜湯は、アレルギー性鼻炎に使用される。
  4. 補中益気湯は、月経困難に使用される。
  5. 抑肝散は、気管支ぜん息に使用される。

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
大建中湯は、腹の冷え・痛み、腹部膨満感に使用される。

2 正
五苓散は、浮腫、ネフローゼ、悪心・嘔吐、めまい、頭痛に使用される。

3 正
小青竜湯は、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、気管支炎、鼻閉、くしゃみに使用される。

4 誤
補中益気湯は、病後の体力増強、食欲不振、胃下垂、感冒に使用される。

5 誤
抑肝散は、神経症、不眠症、小児夜泣きに使用される。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.