第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問164

性ホルモン関連薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. フルタミドは、前立腺細胞のアンドロゲン受容体を遮断して、前立腺がんの増大を抑制する。
  2. メテノロンは、エストロゲン受容体を刺激して、再生不良性貧血を改善する。
  3. エキセメスタンは、子宮内膜のエストロゲン受容体を遮断して、子宮内膜がんの増大を抑制する。
  4. デガレリクスは、視床下部のエストロゲン受容体を遮断して、排卵を誘発する。
  5. レトロゾールは、アロマターゼを阻害して、エストロゲン合成を阻害する。

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
フルタミドは、前立腺細胞のアンドロゲン受容体を阻害することで前立腺がんの増大を抑制する。

2 誤
メテノロンは、アンドロゲンの男性化作用を減弱し、タンパク同化作用を増強させた合成ステロイドである。

3 誤
エキセメスタンは、エストロゲンの合成に関わるアロマターゼを阻害し、アンドロゲンからエストロゲンの合成を阻害する。

4 誤
デガレリクスは、内因性GnRHに拮抗することでLH・FSHの分泌を抑制する。

5 正
レトロドールは、エストロゲンの合成に関わるアロマターゼを阻害し、アンドロゲンからエストロゲンの合成を阻害する。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.