第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問162

胃・十二指腸潰瘍治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. ファモチジンは、胃の壁細胞に存在するヒスタミンH2受容体を遮断することで、胃運動促進作用を示す。
  2. ボノプラザンは、Kと競合してH,K-ATPase を可逆的に阻害することで、胃酸分泌抑制作用を示す。
  3. レバミピドは、ドパミンD2受容体を遮断することで、胃運動促進作用を示す。
  4. ミソプロストールは、プロスタノイドEP受容体を刺激することで、胃酸分泌抑制作用と胃粘液分泌促進作用を示す。
  5. ピレンゼピンは、ペプシンに結合することで、その活性を抑制する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
ファモチジンは、胃壁細胞の基底膜にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、ヒスタミンによる胃酸分泌を抑制する。

2 正
ボノプラザンは、カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P−CAB)であり、Kと競合してH,K-ATPase を可逆的に阻害することで、胃酸分泌抑制作用を示す。

3 誤
レバミピドは、PGE2、PGI2の生合成を促進することにより、粘液分泌促進作用、粘膜血流増加作用、胃酸分泌抑制作用を示す。

4 正
ミソプロストールは、プロスタグランジンE1誘導体であり、プロスタノイドEP受容体を刺激し、胃酸分泌抑制作用、粘液分泌促進作用、粘膜血流増加作用を示す。

5 誤
ピレンゼピンは、迷走神経に存在するM1受容体を選択的に遮断することにより胃壁細胞からの胃酸分泌を抑制する。

 

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.