第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問155

全身麻酔薬及び催眠薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ゾピクロンは、メラトニンMT1受容体を刺激して、概日リズムを整える。
  2. ミダゾラムは、γ-アミノ酪酸GABAA受容体の活性化を増強して、鎮静作用を示す。
  3. デクスメデトミジンは、オレキシン受容体を遮断して、睡眠・覚醒サイクルを正常化する。
  4. ケタミンは、グルタミン酸NMDA受容体を遮断して、鎮痛作用を示す。
  5. チオペンタールは、オピオイドμ受容体を刺激して、短時間の麻酔作用を示す。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
ゾピクロンは、γ-アミノ酪酸GABAA受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、Clチャネルの開口を促進することで、催眠作用を示す。

2 正
ミダゾラムは、γ-アミノ酪酸GABAA受容体のベンゾジアゼピン結合部位に結合し、Clチャネルの開口を促進することで、鎮静作用を示す。

3 誤
デクスメデトミジンは、アドレナリンα2受容体を刺激し、ノルアドレナリンの放出を抑制することで鎮静作用を示す。

4 正
ケタミンは、グルタミン酸NMDA受容体を非競合的に遮断して、鎮痛作用を示す。

5 誤
チオペンタールは、γ-アミノ酪酸GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に結合し、Clチャネルの開口を促進することで、短時間の麻酔作用を示す。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.