第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問153

自律神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. メチルエフェドリンは、交感神経終末からのノルアドレナリンの遊離を抑制することで、血管平滑筋の収縮を抑制する。
  2. ナフトピジルは、アドレナリンβ受容体を刺激することで、子宮平滑筋を弛緩させる。
  3. イプラトロピウムは、アセチルコリンM受容体を刺激することで、気管支平滑筋を弛緩させる。
  4. メペンゾラートは、アセチルコリン M 受容体を遮断することで、下部消化管平滑筋の痙れん性収縮を抑制する。
  5. アコチアミドは、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、低下した消化管運動を改善する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
メチルエフェドリンは、交感神経終末からのノルアドレナリンの遊離を促進することで、血管平滑筋の収縮を促進する。

2 誤
ナフトピジルは、アドレナリンα受容体遮断薬であり、血管平滑筋や前立腺にある平滑筋を弛緩させる。

3 誤
イプラトロピウムは、アセチルコリンM受容体を遮断することで、気管支平滑筋を弛緩させる。

4 正
メペンゾラートは、アセチルコリン M受容体を遮断することで、下部消化管平滑筋の痙れん性収縮を抑制するため、過敏大腸症に用いられる。

5 正
アコチアミドは、アセチルコリンエステラーゼを阻害することで、低下した消化管運動を改善するため、機能性ディスペプシアに用いられる。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.