第107回薬剤師国家試験

第107回薬剤師国家試験 問117

ヒトの免疫系の組織と細胞に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. 骨髄では、造血幹細胞が分裂している。
  2. 胸腺では、B細胞が正の選択と負の選択を受け、形質細胞へと分化する。
  3. リンパ節では、高内皮細静脈から移行したT細胞が、樹状細胞に対して抗原提示をする。
  4. 肝臓では、老化した赤血球が除去される一方で、血液中の抗原に対する免疫応答が行われる。
  5. 小腸のパイエル板では、上皮層のM細胞を介して取り込まれた抗原に対する免疫応答が行われる。

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
骨髄では、造血幹細胞はあらゆる血液系の細胞に分裂するとともに、自己複製を行なっている。

2 誤
胸腺で正の選択注1、負の選択注2を受けて分化・成熟するのはT細胞である。
注1
胸腺上皮細胞上のMHC分子と自己抗原の複合体と弱く反応するTCRを発現した細胞だけが増殖する
注2
胸腺上皮細胞上のMHC分子と自己抗原の複合体と強く反応するTCRを発現した細胞だけが選択的にアポトーシスにより死滅する

3 誤
リンパ節では、高内皮細静脈から移行したT細胞に樹状細胞から抗原提示されることで免疫応答が行われる。

4 誤
老化した赤血球が除去されるのは、脾臓である。なお、脾臓には、赤脾髄と白脾髄が存在しており、それぞれ赤血球の除去及び免疫応答に関与している。

5 正
小腸には2次リンパ器官であるパイエル板が存在する。パイエル板では小腸上皮細胞層に存在するM細胞を介して取り込まれた抗原に対する免疫応答が行われる。

-第107回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.