第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問276〜277

第105回薬剤師国家試験 問276〜277

47歳男性。1年前に潰瘍性大腸炎と診断され、メサラジンで治療を受けていた。しかし、コントロール不良のため、アザチオプリンが投与されることになった。薬剤師が処方監査の際、検査値を確認したところ、あるウイルスの既感染者であることに気付き、ウイルスの再活性化に注意しながらアザチオプリンを投与するように医師に提案した。
検査値:ALT 13IU/L、AST 20IU/L、HCV抗体(-)、HBs抗原(-)、HBs抗体(-)、HBc抗体(+)、eGFR 39mL/min/1.73m2

問276(実務)
 検査値から判断して、この患者において、再活性化に注意すべきウイルスはどれか。1つ選べ。

1 サイトメガロウイルス
2 単純ヘルペスウイルス
3 B型肝炎ウイルス
4 C型肝炎ウイルス
5 ヒト免疫不全ウイルス

 

 

 

 

解答・解説

解答
3

解説
HBc抗体(+)であることから、現在B型肝炎ウイルスに感染している可能性があるため、B型肝炎ウイルスの再活性化に注意する必要がある。

 問277(薬剤)
 アザチオプリンで治療を継続していたところ、9ヶ月後にウイルスの再活性化が確認され、患者の腎機能を考慮して、核酸アナログであるテノホビルアラフェナミドフマル酸塩に変更されることになった。テノホビルアラフェナミドはテノホビルの経口吸収性を改善したプロドラッグであり、同様のプロドラッグとしてテノホビルジソプロキシルが臨床で先行使用されている。いずれのプロドラッグも血漿中や標的細胞中で加水分解されてテノホビルとなり、さらに細胞内でリン酸化されて活性代謝物のテノホビル二リン酸となり、抗ウイルス作用を発現する。また、テノホビルアラフェナミドの「 ア 」は、テノホビルジソプロキシルに比べて「 イ 」。その結果、テノホビルアラフェナミドを投与すると、標的細胞内において、テノホビル二リン酸がより高い濃度で産生される。
「 ア 」及び「 イ 」に適する語句の組合せとして最も適切なのかどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
 テノホビル アラフェナミド(TAF)は、テノホビル(TFV)をホスホンアミデートで修飾したプロドラッグである。TAFは、同じTFVのプロドラッグであるテノホビル ジソプロキシルフマル酸塩(TDF)より血漿中での加水分解速度が遅くすることで、活性リン酸化代謝物を標的細胞内でより高い濃度で産生することを可能にした製剤である。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.