第104回薬剤師国家試験 問308〜309

58歳男性。入院中にヘリコバクター・ピロリの一次除菌を行うことになった。現在処方されている薬剤があり、除菌時の治療薬の選択について医師から薬剤師に問合せがあった。処方は、以下の薬剤を考えているとのことであった。なお、この病院ではDiagnosisProcedureCombination(DPC;診断群分類)制度に基づいて、入院患者の診療報酬を請求している。

アモキシシリン水和物
クラリスロマイシン
「 薬物A 」

<現在の処方薬>
クロピドグレル硫酸塩
プラバスタチンナトリウム
カルベジロール


問308(実務)
現在の処方薬を考慮して、薬剤師が薬物Aとして推奨するのに適切なのはどれか。2つ選べ。

1 オメプラゾール
2 ファモチジン
3 ポラプレジンク
4 ラベプラゾールナトリウム
5 ランソプラゾール 

 

 

 

 

 


解説
ヘリコバクター・ピロリの一次除菌では、アモキシシリン水和物、クラリスロマイシン、プロトンポンプインヒビター(PPI)の3剤併用療法を行う。選択肢のうち、オメプラゾール、ラベプラゾール、ランソプラゾールはPPIに該当する。本症例では、併用薬としてクロピドグレル硫酸塩を服用していることから、CYP2C19阻害作用を有するオメプラゾールと相互作用を起こすおそれがあるため、薬物Aとして推奨すべき薬剤は「ラベプラゾールナトリウム」「ランソプラゾール」である。

<参考:オメプラゾールとクロピドグレル硫酸塩の相互作用について>
オメプラゾールがCYP2C19を阻害することにより、クロピドグレル硫酸塩の活性代謝物の血中濃度が低下する。

解答
4、5

 


問309(法規・制度・倫理)
DPC制度に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 傷病名と診療行為に基づいて包括払い金額が決まる仕組みである。
2 入院中に使用する薬剤は、出来高払いで請求する。
3 手術・麻酔の費用は、出来高払いで請求する。
4 入院期間が長くなっても、包括払い金額は同じである。
5 全ての病院が、この制度を利用している。

 

 

 

 

 

 


解説
DPC制度(包括医療費支払い制度)とは、新たに導入された診療報酬制度のことであり、従来の診療報酬制度と異なり、入院期間中に治療した疾患の中で最も医療資源を投入した一疾患のみに厚生労働省で定めた1日当たりの定額の点数からなる包括評価部分(入院基本料、検査、画像診断、投薬、注射など)と出来高評価部分(手術、麻酔、放射線治療、内視鏡検査、リハビリなど)を組み合わせて診療報酬を算定する方法である。
1 正
DPC制度における包括評価部分は、傷病名と診療行為によって金額が決まっている。
2 誤
入院中に使用する薬剤は、包括評価部分に含まれている。
3 正
手術・麻酔の費用は、出来高評価部分に含まれている。
4 誤
包括払い金額は入院期間(在院日数)に応じて算定方式が異なり、入院期間が長くなると、安くなる。
5 誤
要件を満たした医療機関のみ、DPC制度を導入することができる。


解答
1、3