第104回薬剤師国家試験 問246〜247

第104回薬剤師国家試験 問246〜247

42歳女性。 5年前に出産後、しばしば複視が出現した。他の症状は認められなかったが、 2年経過後、眼瞼下垂、四肢の疲労感が出現し始めた。半年前からは、夕方になると増悪し、台所仕事ができない、しゃべりにくいなどの症状が出現したため、近医を受診した。血液検査で抗アセチルコリン受容体抗体の値が23 nmol/L(正常値0.0−0.2 nmol/L)であり、重症筋無力症と診断され、治療開始となった。

ピリドスチグミン臭化物錠60 mgの内服を開始後、3日目の早朝から体調不良を訴え、救急外来を受診した。医師は投与量の妥当性を確認するために、注射剤としてエドロホニウム塩化物2 mgを投与したところ、発汗、腹痛などの症状が増悪した。


問246(実務)

発汗、腹痛などの症状の改善及び今後の治療継続に必要なのはどれか。2つ選べ。

1 エドロホニウム塩化物注射液の追加投与
2 ピリドスチグミン臭化物錠の減量
3 ネオスチグミンメチル硫酸塩注射液の追加投与
4 ピリドスチグミン臭化物錠の増量
5 アトロピン硫酸塩注射液の追加投与


 問247(薬理)
前問で選択した治療処置により、患者の症状は緩和された。この症状が緩和される機序はどれか。2つ選べ。

1 アセチルコリンの濃度の上昇
2 アセチルコリンの濃度の低下
3 ムスカリン性アセチルコリン受容体における競合的拮抗
4 ニコチン性アセチルコリン受容体の脱感作
5 アセチルコリンエステラーゼの阻害

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
問246:2、5
問247:2、3


解説
本症例では、重症筋無力症に対して、アセチルコリン量を増やす目的で、コリンエステラーゼ阻害薬であるピリドスチグミンを投与したが、3日後に体調不良を訴えたため、その原因を確認するために短時間作用型コリンエステラーゼ阻害薬であるエドロホニウムを投与したところ、発汗、腹痛などの症状が増悪した。
ピリドスチグミンと同様の作用を有するエドロホニウムを投与し、ムスカリン性アセチルコリン受容体の過剰な刺激による症状(発汗、腹痛など)が悪化していることから、ピリドスチグミンによりアセチルコリン量が増えすぎて体調不良が現れたと推察される。
このようにアセチルコリン量が増えすぎて症状が現れた場合には、原因薬物を減量するか、ムスカリン性アセチルコリン受容体拮抗薬(アトロピン硫酸塩など)を追加投与する必要がある。