第104回薬剤師国家試験 問196〜197

第104回薬剤師国家試験 問196〜197

62歳女性。体重55kg。5年前に慢性心不全と診断され、リシノプリル錠とビソプロロールフマル酸塩錠による治療を受けてきた。最近、息苦しさや疲労感が強くなってきたため以下の処方が追加された。なお、患者の腎機能が低下していたため(血清クレアチニン値1.6 mg/dL、eGFR26.2 mL/ min/ 1.73m2)、低用量で投与を開始することになった。

入院して7日後の朝に患者から採血し、測定したジゴキシンの血中濃度は3.7ng/mLであった。診察した医師より、ジゴキシンの血中濃度が高いにもかかわらず患者にはジゴキシン中毒の症状が認められないので、その理由について薬剤師に問合せがあった。そこで、薬剤師は採血を行った臨床検査技師に以下の質問をした。

(ア) 採血したのは、患者がジゴキシンを服用する前でしたか、後でしたか。
(イ) ジゴキシンの測定に用いた測定キットは何ですか。
(ウ) 別法でジゴキシンの測定を行い、比較することはできますか。


問196(実務)
上記の薬剤師の質問により明らかにしたかったこととして適切なのはどれか。2つ選べ。

1 ジゴキシンの副作用の有無
2 ジゴキシンとリシノプリルとの相互作用の有無
3 血中濃度がトラフに近いかどうか
4 血中濃度が定常状態かどうか
5 測定した濃度が真の血中濃度よりも高くなっている可能性

 

 

 

 

 

 


解答
3、5


解説
入院して7日後に血中濃度を測定したところ、ジゴキシンの濃度が有効血中濃度(0.5〜1.5ng/mL)よりも高かったが、中毒症状が現れていないことに医師が疑問をもち、薬剤師に問い合わせがあった。薬剤師はその理由を推定するために臨床検査技師に(ア)〜(ウ)の質問をした。
この質問より薬剤師は以下のことを確認したかったと推察される。
(ア)採血したのは、患者がジゴキシンを服用する前でしたか、後でしたか。
→測定した濃度がトラフ値(服用する前の値)であったか
(イ)ジゴキシンの測定に用いた測定キットは何ですか。
→蛍光偏光イムノアッセイ法において、ジゴキシンの測定値は、ジゴキシン様陽性物質により真の値より高く現れることがあるので、今回測定した方法が蛍光偏光イムノアッセイ法でないか
(ウ)別法でジゴキシンの測定を行い、比較することはできますか。
→別法で測定を行い、今回の測定結果と比較して、今回測定したジゴキシンの濃度が真の血中濃度よりも高くなっていないか確認することができるか


問197(物理・化学・生物)
 前問の質問に対する回答から、今回用いた血中濃度測定法は、ジゴキシンに対するポリクローナル抗体を用いる蛍光偏光イムノアッセイ(FPIA)法であることが判明した。そこで、モノクローナル抗体を用いるenzymemultipliedimmunoassaytechnique(EMIT)法によって再測定を依頼した結果、0.8ng/mLの値が得られた。免疫測定法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ポリクローナル抗体よりモノクローナル抗体を用いる方が、一般に交差反応性が大きい。
2 FPIA法の代替測定法として、サンドイッチELISA法はジゴキシンの測定には適さない。
3 FPIA法では、蛍光標識したジゴキシンが抗体と結合することにより、蛍光偏光解消度が高値となる。
4 EMIT法では、抗原−抗体複合体が酵素と結合すると酵素の活性が変化することを利用する。
5 免疫測定法の代替法として高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いても、内因性ジゴキシン様物質の影響を除くことができない。

 

 

 

 

 

 


解答
解なし(選択肢は不適切であり回答がえられないため)


解説
1 誤
モノクローナル抗体は単一の抗原決定因子に結合する。一方、ポリクローナル抗体は多数の抗原決定因子に結合する。よって、モノクローナル抗体は、一般にポリクローナル抗体と比べ交差反応性(抗体が類似する別の物質と反応する性質)が小さい。
2 正
ジゴキシンは低分子化合物であるため、サンドイッチELISA法には適さない。
3 誤
FPIA法では、蛍光標識したジゴキシンが抗体と結合することにより、蛍光標識したジゴキシンがブラウン運動を起こさなくなり、蛍光偏光解消度が低値となる。
4 誤
EMIT法では、酵素で標識した抗原と抗体が結合すると酵素の活性が変化することを利用する。
5 誤
高速液体クロマトグラフィー(HPLC)を用いると、内因性ジゴキシン様物質の影響を除くことができる。