第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問153

第104回薬剤師国家試験 問153

全身麻酔薬及び麻酔補助薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. ケタミンは、グルタミン酸NMDA受容体を遮断することで麻酔作用を示す。
  2. プロポフォールは、ヒスタミンH1受容体を遮断することで麻酔作用を示す。
  3. MAC(最小肺胞内濃度)は、吸入麻酔薬の力価の指標となる値であり、大きいほど麻酔作用が強い。
  4. チアミラールは、γ–アミノ酪酸 GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に結合することで麻酔作用を示す。
  5. ドロペリドールは、アドレナリンα2受容体を刺激することで鎮静作用を示す。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正
ケタミンは、グルタミン酸NMDA受容体を非競合的に遮断することで麻酔作用を示す。

2 誤
プロポフォールは、GABAA受容体の機能を亢進することで麻酔作用を示す。

3 誤
MAC(最小肺胞内濃度)とは、吸入麻酔薬により動物の半数を不動化させるのに必要な肺胞内における吸入麻酔薬の濃度のことである。MACが大きい吸入麻酔薬ほど、効果を発現させるために高い肺胞内濃度を必要とすることから、MACが大きい吸入麻酔薬ほど麻酔作用が弱いといえる。

4 正
チアミラールは、バルビツール酸系薬であり、γ–アミノ酪酸 GABAA受容体のバルビツール酸結合部位に結合することで麻酔作用を示す。

5 誤
ドロペリドールは、ドパミンD2受容体を遮断することで鎮静作用を示す。
なお、ドロペリドールは、アドレナリンα1受容体を遮断することで末梢血管拡張作用を示す。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.