第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問134

第104回薬剤師国家試験 問134

大気汚染物質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 二酸化硫黄から生じる硫酸ミストは、他の硫黄酸化物と比べ、目や気道粘膜への刺激が強い。
2 ザルツマン法を用いて、一酸化窒素と二酸化窒素を分別定量する際は、二酸化窒素を一酸化窒素に還元しなければならない。
3 一酸化窒素は、ヘモグロビンと結合してニトロソヘモグロビンを生成し、血液の酸素運搬能を低下させる。
4 光化学オキシダントの年平均濃度は漸減傾向にあり、全国的に環境基準を達成している。
5 光化学オキシダントの測定では、溶液導電率法によりオゾンを定量する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
硫酸ミストは、大気中で水に二酸化硫黄が溶け込むことにより生成する霧状の硫酸のことであり、他の硫黄酸化物に比べ、目や気道粘膜への刺激が強い。
2 誤
ザルツマン法を用いて、一酸化窒素と二酸化窒素を分別定量する際は、一酸化窒素を二酸化窒素に酸化しなければならない。
3 正
一酸化窒素は、ヘモグロビンと結合して酸素と結合できないニトロソヘモグロビンを生成し、血液の酸素運搬能を低下させる。
4 誤
光化学オキシダントの年平均濃度は、ほとんど変化しておらず、全国的に環境基準を達成できていない。
5 誤
光化学オキシダントの測定には、中性ヨウ化カリウム法(試料空気をヨウ化カリウム(KI)溶液に通じ、その後、吸光度を測定する方法)が用いられる。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.