第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問112

第104回薬剤師国家試験 問112

マウスの肝臓から酵素Xの精製を試みた。以下に実験手順の概要(①〜④)を示す。
①:ゲル濾過クロマトグラフィーにより肝臓抽出液Aを分画した。
②:各画分の酵素Xの活性を測定し、その活性が高い画分を集めたものをBとした。
③:Bを陰イオン交換クロマトグラフィーにより分画した。
④:各画分の酵素Xの活性を測定し、その活性が高い画分を集めたものをCとした。

上記A、B及びCの液量、タンパク質濃度、全タンパク質量と酵素活性(全活性及び比活性)を以下の表に示した。比活性とは、試料中のタンパク質の単位重量当たりの酵素活性のことである。
なお、酵素活性における1U(ユニット)は、1分間当たり、1µmolの生成物を生成する酵素の量を表す。

実験方法及び結果に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 A中の酵素Xの20%がBに回収されたと考えられる。
2 ゲル濾過クロマトグラフィーでは、分子量の小さなタンパク質ほど、早くカラムから溶出される。
3 陰イオン交換クロマトグラフィーでは、正の電荷をもった樹
脂に酵素Xが保持されたと考えられる。
4 Bの比活性アはAの比活性よりも高い。
5 Cの比活性イは140 U/mgである。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 正
全活性≒酵素Xの量と考えることができるため、A中の酵素XがBに回収された割合は、以下のように求めることができる。

2 誤
ゲル濾過クロマトグラフィーでは、分子量の小さいタンパク質は固定相に保持されるため、分子量の小さいタンパク質ほど、遅くカラムから溶出される。
3 正
4 正
Bの比活性アは以下のように求めることができる。

上記より、Bの比活性アはAの比活性よりも高い。
5 誤
Cの比活性イは以下のように求めることができる。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.