第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問166

第103回薬剤師国家試験 問166

トランスポーターを介した薬物輸送に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 促進拡散型トランスポーターは、電気化学ポテンシャル差を駆動力とする。
2 ミカエリス定数に比べて低い基質濃度での輸送速度は、濃度によらず一定となる。
3 ペプチドトランスポーターPEPT1によるセファレキシン輸送の駆動力は、プロトン濃度勾配である。
4 有機アニオントランスポーターOAT1によるメトトレキサート輸送は、ATPの加水分解エネルギーを駆動力として直接利用する。
5 P−糖タンパク質によるシクロスポリンの輸送は、二次性能動輸送である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
促進拡散型トランスポーターは、濃度勾配や電気化学ポテンシャル差を駆動力として、物質を輸送する。
2 誤
ミカエリス定数に比べて低い基質濃度での輸送速度は、濃度に比例する(1次反応)。なお、ミカエリス定数に比べて基質濃度が高い状態(Km≫基質濃度)での輸送速度は、濃度によらず一定となる(0次反応)。
3 正
4 誤

有機アニオントランスポーターOAT1は、近位尿細管上皮細胞の側底膜側に存在し、ジカルボン酸の濃度勾配を利用して血液側の有機アニオンを細胞内へ輸送する。
5 誤
P−糖タンパク質によるシクロスポリンの輸送は、ATPを直接利用する一次性能動輸送である。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.